モットン マットレス 使い方

モットンはフローリングや畳に直接敷ける?おススメの使い方は?

「ベッドフレーム無いけどモットンはフローリングや畳に直接敷いて使える?」
「モットンはベッドフレームで使える?」

 

モットンフローリング

 

など疑問に思ってるあなたは是非読んでください。
私もモットンを購入する前には同じことを思ってました。

 

ただ、モットンをフローリングや畳で使う場合は、私の経験上ちょっとだけ注意した方良いと思おう事をお伝えします。

 

モットンをフローリングに直接敷いて使う場合

通常のマットレスで厚みがあまりない場合は、敷布団やベッドマットレスの上に敷かないと使い心地が悪かったり快適に使用することが出来ませんが、

 

モットンの場合は、10cmの厚みがあるのと反発力があるので底付き感なくフローリングに直接敷いても寝心地が変わることは特にありません。

 

フローリング

 

万が一、フローリングに敷いて底付き感を感じたら体重に比べて柔らかすぎるタイプを選んでしまった場合のみでしょうね。

 

体重が軽い女性の場合はほぼ大丈夫だと思いますが、あなたの体重に最適なマットレスの硬さを選ぶことが重要です!
これは腰痛対策としても重要なのでぜひ覚えてくださいね。

 

モットンは3種類の反発力から選べるので、あなたの体重にあった反発力を選んでください。

 

モットン購入時にあなたの体重にあった反発力を選ぶ基準はこのサイトのモットンで失敗しないための選び方で解説しているのでこちらをご覧下さい。

 

 

また、購入時後、 「ちょっと柔らかすぎて底付き感あるな」と感じた場合でもモットンの場合は返金保証期間であれば違う反発力のマットレスへの交換は可能です。

 

 

モットン購入時にはちょうど良く感じたけど、ちょっと太ってしまって底付き感を感じ始めたという場合は、フローリングにカーペットを敷くなどの対応がオススメです。
カーペットなんて安いのはたくさんありますからね。

 

 

 

モットンをフローリングに直接敷いて使用する場合に注意したいのが湿気!

 

一人暮らしなどの場合、万年床にしてしまう方もいると思いますが、これをしてしまうと湿気がフローリングとモットンの間に溜まりやすいということも注意しましょうね。

 

結露

 

フローリングの場合は結露といって、マットレスとフローリングの間の温度差が出来てしまって結露が発生してしまう可能性が高いので。

 

 

これはモットンに限ったことじゃなくてどのマットレスでも同じです。

 

 

特に加湿器を使っている場合、鉄筋コンクリートにお住まいの場合は湿気がこもりやすいので注意が必要です。

 

結露はモットンがカビてしまう原因にもなるので。

 

モットンはカビにくくダニを寄せ付けない素材ではありますが、湿気はカビの原因になるのでこの点はしっかり対策しなければなりません。

 

対応策としては

  • 1週間に一度程度モットンを立てかけて陰干しする
  • フローリングの上にカーペットを敷く

 

です。

 

モットンを畳に直接敷いて使う場合

 

和室にお住いで畳の上に敷きたい方もモットンは問題なく使えます。

 

というより、畳の上にモットンを直接敷いて使うのは腰痛改善にはかなりオススメです。

 

モットン畳

 

そもそも畳自体が若干の柔らか味があります。これは日本が誇るものだと思ってます。
畳の上であればフローリングのように圧力を床がダイレクトに受けることも無いので。

 

 

「モットンはマットレスだから畳の上に敷くのは違和感ない?」

 

と思うかもしれませんが、畳の上に直接敷いたら敷き布団のように見えるし今まで敷き布団を使っていた人なら特に違和感ないと思います。

 

畳の上にモットンを敷いて使うのは腰痛対策にかなりおススメなんですが、それ以外にもダニ対策としてもかなり有効です。

 

モットンはホコリ、ハウスダストやダニを寄せ付けない素材を使っているので、今まで畳の上に布団を敷いて使っていてダニに悩んでいたならかなり快適になるはずです。

 

 

敷布団として使って、来客時には3つに畳んで押し入れに収納してください。

 

マットレスを買うからと言って無理してベッドフレームまで買う必要なんてありませんからね。

 

 

ただ、フローリングと同じように畳とマットレスの間の結露がたまることを防ぐ意味でも定期的に陰干は必要ですよ。

モットンはベッドフレームで使える?

 

普通のベッドフレームでも当然使えます!
すのこベッドでも使えます。

 

すのこ

 

すのこベッドの場合は湿気がたまることも無いのでモットンじゃなくてもウレタンフォームの高反発マットレスでは一番オススメです。

 

 

モットンをベッドフレームで使う際の注意点は、適したサイズかどうかです。
モットンはシングル、セミダブル、ダブルのサイズがありますが、あなたがお使いのベッドフレームのサイズと大きく違うかどうかは注意が必要ですね。

 

 

残念なことにモットンはクィーンサイズ以上が無いので、もしクィーンサイズ以上のベッドフレームを使っている場合はシングルを2つ使うなどの対応が必要です。

モットンの寿命を延ばして腰痛改善効果を高める3つの方法

 

モットンは高密度のマットレスで、高い復元率の耐久性の高いマットレスですが、使い方が悪いと早めにへたってしまいます。
どんなマットレスでもそうなんですけどね。

 

モットンを出来る限り長く使うために必要なことは以下の3つです。(手間もかからないし簡単なことなので是非実践してください)

 

  1. 敷きパッド(ベッドパッド)を使う
  2. 定期的に陰干しする
  3. 上下表裏に使う

 

 

敷きパッド(ベッドパッド)を使う!

 

まず、モットンでは絶対に敷きパッド(ベッドパッド)は使ってください。

 

敷きパッドなんてそこらへんで安く販売されてるので。

 

ベッドパッド

 

モットンに限らずですが、マットレスがへたってだめになってしまう大きな原因は湿気!

 

大げさに言えば、マットレスに水をぶちまけたら基本的にそのマットレスはダメになります。
エアウィーヴなどのエアー素材のマットレスだったら大丈夫なんですが、こちらは熱に弱いという弱点もあります。

 

 

モットンにとっても湿気は大敵です。

 

 

水をぶちまけることが無くても、日々少しずつ寝汗を吸い込んでしまうと結構な水分です。

 

モットンは通気性の高いマットレスといっても、何のケアもしないと寝汗を全て下に落としてくれるなんて事はありません。

 

敷きパッドを使うか使わないかでモットンに寝汗が落ちる量は格段に違ってきます。

 

夏だったらクール系の敷きパッドがオススメです。

 

敷きパッドは洗濯機で丸洗いできるのがほとんどなので、敷きパッドは定期的に選択しましょう!

 

定期的に陰干しする

 

敷きパッドを使ったとしても完全に湿気をシャットアウトできるわけじゃないので、定期的にモットンを陰干ししましょう!

 

モットンのお手入れ(陰干し)

 

陰干しすることで、マットレスから放湿(湿気が抜ける)されます。

 

もし布団乾燥機をもってるならそれを使ってもいいですね、
モットンは布団乾燥機で乾燥することは問題ないので。

 

モットンは軽いのでお年寄りでも簡単に陰干しするくらいのことは出来ます。
普通に壁などに立てかけるだけでOKです。

 

本当は直射日光があたるように干したいところですが、モットンの素材がだめになってしまうので必ず陰干しです!

 

頻度は1週間に1度程度でOKです。

 

上下表裏に使う

 

月に1度はモットンを上下、表裏逆にして使いましょう!

 

ずっと同じ面で使い続けると、どうしてもマットレスのヘタリを早めることになります。
だから、月に1度はモットンを逆にする、表裏逆にして使うことを繰り返すことで寿命がかなり延びます。

 

 

モットンを上下に使うって言うのは

 

 

今まで頭だったところを足の方向にする。

 

表裏逆って言うのは
モットンをひっくり返して裏面を使うって事です。

 

 

陰干しよりも楽で、モットンは軽いので面倒くさがらずに変えてください。

 

 

間違っても万年床のように使わないでくださいね!

 

モットンの耐久性を高めて腰痛改善効果を長持ちさせる方法のまとめ!

 

以上がモットンの寿命をのばして、モットンをへたらせず、腰痛改善効果を持続させる3つの方法でした!

 

私も結構面倒くさがりな方ですが、出来る限り(時々サボるけど。。。)意識してこの3つはやってます。
結果として1年以上たった今でもモットンは全くへたってませんよ。

 

 

 

不明な点は聞いてくださいね!

もし、あなたが
「モットンについて色々質問する相手がいない」
「モットンかほかのマットレス(例えばマニフレックス)にしようか迷ってる」

など悩んでいるなら下記の問い合わせフォームから気兼ねなく質問してくださいね。

問い合わせフォーム


TOP 評判 販売店と価格 返品 使い方 運営者情報