モットンとマニフレックスを徹底比較

モットンとマニフレックス、腰痛にイイマットレスはどっち?

高反発マットレスで人気の高いモットンと、さまざまなマットレスを販売しているマニフレックス。どちらを買おうか迷っている人も多いのではないでしょうか。

 

そこでモットンとマニフレックスの商品特徴をデータで比較してみました。

 

ただ、

 

マニフレックスはいくつもの種類のマットレスを販売しているので、今回はマニフレックスのなかでもモットンと価格が近く人気の商品2点をピックアップしてます。

 

それぞれの商品特徴をよく理解しながらデータを比較すれば、購入時の参考になるのではないでしょうか。

 

モットンマットレスのデータ

 

素材 ウレタンフォーム
構造 1枚もの
反発力

100ニュートン
140ニュートン
170ニュートン
の3種類

密度

30D

価格

シングル3万9,800円
セミダブル4万9,800円
ダブル5万9,800円

製造国

中国

サイズ

シングル…厚さ100mm×幅970mm×長さ1,950mm、重量 約7.5kg
セミダブル…厚さ100mm×幅1,200mm×長さ1,950mm、 重量:約9.0kg
ダブル…厚さ100mm×幅1,400mm×長さ1,950mm、重量:約10.7kg

返金保証

あり

 

マニフレックス フィレンツェスーパーウィングのデータ

素材

エリオセル(ウレタンフォーム)
エリオセルソフト(ウレタンフォーム)

構造 3つ折りタイプ
反発力

170ニュートン

密度

不明

価格

シングル4万3,956円
セミダブル5万5,836円

製造国

イタリア

サイズ

シングル…厚さ110mm×幅970mm×長さ1,980mm
セミダブル…厚さ110mm×幅1,17mm×長さ1,980mm

返金保証

なし

 

マニフレックス スタンダードタイプモデル246のデータ

 

素材

エリオセル(ウレタンフォーム)

構造 1枚もの
反発力

170ニュートン

密度

不明

価格

セミシングル3万2,670円
シングル3万9,204円
セミダブル5万2,272円
ダブル6万5,340円
クイーン7万8,408円

製造国

イタリア

サイズ

セミシングル…厚さ160mm×幅80mm×長さ1,950mm
シングル…厚さ160mm×幅100mm×長さ1,950mm
セミダブル…厚さ160mm×幅120mm×長さ1,950mm
ダブル…厚さ160mm×幅140mm×長さ1,950mm
クイーン…厚さ160mm×幅160mm×長さ1,950mm

返金保証

なし

 

反発力の比較

 

モットンは体重45キロ以下におすすめの100ニュートン、45キロ〜80キロにおすすめの140ニュートン、80キロ以上におすすめの170ニュートンと、3つの硬度が販売されています。

 

一方、マニフレックスの硬度は170ニュートンのみです。

 

だから、マニフレックスはお子さんや体重の軽い人には、硬すぎると感じられるかもしれません。

 

ただフィレンツェスーパーウィングは、ウレタンフォームが2層構造となっており、片面が硬め(31キロ/立方米)、もう片面が柔らかめ(28キロ/立方米)ですから、体重が軽い人は柔らかめで使う方法があります。

 

念のために購入前に、1週間無料で試せる貸し出しサービスを利用して実際に体験することも出来ます。

 

モットンの特徴

 

モットンは腰痛に悩む方のために作られた、高反発マットレスです。

 

体圧を分散して体全体をしっかりと支えてくれるので、腰に負担がかからない姿勢で眠れますし、寝返り時の負担も抑えられます。

 

朝起きたときに腰が痛い、肩がこっている、寝返りで目が覚めるといった人の多くが改善効果があったと回答しており、モニター調査によるユーザー満足度は94.2%。失敗のない腰痛対策を考えている人には、高い効果が期待できます。

 



 

 

マニフレックス フィレンツェスーパーウィングの特徴

 

フィレンツェスーパーウィングは2層ハイブリット構造が最大の特徴です。マニフレックスが開発した高反発フォーム・エリオセルに、新たに開発されたエリオセル・ソフトを組み合わせた2層構造。やや硬めですが、2層構造を上手に活用すれば自分に適した硬さを調節しながら快適な眠りが得られます。

 

日本の住宅事情に配慮した3つ折りタイプ。使わないときはコンパクトに畳んでしまっておけるのも特徴です。ですから3つのパーツをハード・ハード・ハードやソフト・ソフト・ソフト、または腰だけしっかりサポートするソフト・ハード・ソフトといった具合に組み合わせで自由に調整できます。

 

エリオセルは体圧を均等に分散して、理想的な姿勢で眠れる高反発素材です。カバーなどの繊維素材には人体にも地球環境にも無害なものを使用しており、それを証明する国際規格OKO-TEXの認定を受けています。

 

耐久性が高く、長期間つかっても芯材がへたれません。このため10年保証がついています。購入時の快適な寝心地が、そのまま10年間保証されています。

 

 

マニフレックス スタンダードタイプモデル246の特徴

 

安眠・熟睡を追求したゴージャスなマットレスです。優れた体圧分散効果の高反発フォーム・エリオセルが使われています。やや硬めなので、男性などにおすすめです。長期間使っても性能が変わらない、12年間保証付きなので安心して使えます。もちろん、国際規格OKO-TEXの認定を受けています。

で、マニフレックスとモットンはどっちがおススメなの?

モットンもマニフレックスもそれぞれ特徴があり、どちらが良いとは一概にはいえません。

 

それぞれのライフスタイルや、住宅事情などによって選ぶのが賢い購入方法です。

 

 

マニフレックスは今回ご紹介した商品以外にも、多くのラインナップが用意されています。
興味のある方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

 

腰痛VS寝心地

 

モットンは腰痛に特化しており、マニフレックスは寝心地の良さを追求しているのが違いといえます。

 

ですから腰痛対策効果の高いマットレスを探しておられるのなら、腰痛向けマットレスとして開発されたモットンがおすすめです。

 

90日間のお試し期間がついているので、3か月使って効果が得られないければ返金サービスが受けられます。電話対応も親切ですし、アフターサービスもしっかりしているので安心して購入できます。

 

 

不明な点は聞いてくださいね!

もし、あなたが
「モットンについて色々質問する相手がいない」
「モットンかほかのマットレス(例えばマニフレックス)にしようか迷ってる」

など悩んでいるなら下記の問い合わせフォームから気兼ねなく質問してくださいね。

問い合わせフォーム


TOP 評判 販売店と価格 返品 使い方 運営者情報