モットンを赤ちゃんやお子さんが使う場合のメリットと注意事項!

モットンを赤ちゃんやお子さんが使う場合のメリット

「大人用にモットンを買ったけど赤ちゃんと一緒に寝ることができるかな?」
「子供用にモットンを購入しようと思ってるけど他のマットレスがいいかな?」

 

と思っている人はぜひ参考にしてください。

 

ベッドの上の子供

 

モットンは赤ちゃんやお子さんが使う場合のメリットと注意事項を抑えて判断してくださいね。

 

赤ちゃんや小さいお子さんの場合は腰痛対策っていうよりもハウスダスト対策の方がメリットは大きいですね。

 

モットンを使う場合のメリットはハウスダスト対策!

 

モットンはダニやホコリが出にくい特徴のある素材で作られたマットレスなので、ダニやホコリ対策としてモットンを使うのは大きなメリットがあります。

 

ダニ、ダニの死骸、ダニの糞、そしてホコリはハウスダストとして赤ちゃんや小さいお子さんのアレルギー、小児喘息、アトピーの原因にもなります。

 

ちなみに、私が小さい子供のころは畳の上に布団を敷いて寝ていたらしいんですが、そのためかアレルギー性鼻炎でした。

 

赤ちゃんの診察

 

当時は赤ちゃんや子供にとってどんな環境が悪いのかちゃんとした情報がなかったから仕方ありませんが、ホコリ、ダニは赤ちゃんのハウスダストアレルギーになる大きな原因です。
ハウスダストアレルギーだけじゃなくって、赤ちゃんがダニに触れることでアトピー性皮膚炎になることもあります。

 

アレルギー性鼻炎、小児喘息、アトピー性皮膚炎他にもたくさんの危険がありますが、一度なってしまうとお金だってかかるし、心配が絶えませんからね。

 

その意味でモットンは赤ちゃんや小さいお子さんが使うのはおススメですが、モットンじゃなくてもダニ、ホコリが出にくいベッドを選んであげてくださいね。

 

モットンを赤ちゃん用に使うなら床に敷いて添い寝

 

モットンを赤ちゃん用に使うなら、床や畳の上に敷いて添い寝するのがおススメです。

 

添い寝

 

大人用のベッドフレームの上にモットンを敷いて、赤ちゃんと一緒に寝るって言うのが危険ということはわかりますよね?
赤ちゃんが落ちちゃう可能性がありますからね。

 

ベビーベッドがあるならそれでいいし、大人用にモットンを購入したばかりならベッドフレームがあっても床に敷いて赤ちゃんと一緒に添い寝するのがおススメです。

 

ママとパパと3人で寝るならダブルがおススメ

 

ママかパパどっちかと添い寝するならセミダブルがおススメです。

 

赤ちゃんの寝返りや寝相はすごいですから。
ある程度の広さのサイズがいいですよ。

ただモットンを使いならオネショ対策は必須!

ただ、赤ちゃんや小さいお子さんと一緒に寝る場合はおねしょ対策は必須です。

 

おねしょ

 

モットンは丸洗いできるマットレスじゃないし、天日干しするとマットレスの素材が傷んでしまいます。

 

我が家では犬と一緒にモットンで寝ることが多いんですが、時々おしっこしてしまいます。

 

おれしょ、おしっこ対策としてはまぁ普通なんですが、敷きパッドとシーツは必須です。

 

モットンを購入すると一緒にシーツもついてきますが、近くのホームセンターでも楽天でもどこでもいいので防水性の高いシーツや敷きパッドを使ってください。
ちなみに、私は犬の毛が落としやすいシーツと厚手の敷きパッドをつかっていますが、おしっこがモットンにしみこむこともありませんよ。

 

 

腰痛だけじゃない!
ダニ、ホコリが付きにくい素材のマットレスです!


 

 

不明な点は聞いてくださいね!

もし、あなたが
「モットンについて色々質問する相手がいない」
「モットンかほかのマットレス(例えばマニフレックス)にしようか迷ってる」

など悩んでいるなら下記の問い合わせフォームから気兼ねなく質問してくださいね。

問い合わせフォーム


TOP 評判 販売店と価格 返品 使い方 運営者情報