寝具のダニ対策に!ウレタンマットレスはダニが付きにくい!

布団やマットレスはダニの温床…モットンは?

私は犬と室内で暮らしているんですが、散歩中にダニを持って帰ってくるのか、以前使っていたマットレスにダニがたくさんいました…。

 

寝ると肌がボツボツ赤くなって痒い…。
特に奥さんはダニの大好物だったらしくて肌がかなりひどいことになってました。

 

でも、モットンに替えてから今まで悩んでいたダニ刺されがなくなってます。犬と一緒に寝ても全然平気です。

 

 

モットン購入前は「モットンって怪しくない?辞めたら?」と言っていた、私と同じく腰の痛みに悩んでた奥さんもダニに刺されないことでお気に入りのマットレスです。
愛犬は気に入ってるのかわかりませんが…。
モットン

 

 

 

モットンはなんでダニが付きにくい理由はモットンの素材にあり

モットンは腰痛対策に特化したマットレスですが、ダニ対策としても優秀です。

 

ダニ

 

では、なぜモットンにダニが付きにくいのか?

 

モットンにダニが付きにくい最大の理由は、ウレタンフォームのマットレスだからです。

 

 

綿や羊毛、羽毛は湿気がたまりやすく、私たちの垢、フケがたまりやすく、カビが繁殖しやすいなど、ダニの大好物がたくさんです。

 

モットンのマットレス素材であるウレタンフォームは簡単に言うとスポンジとかプラスチックのようなもので、これらの素材にはダニが付きにくいっていうことが、モットンにダニが付きにくい最大の理由です。

 

また、綿の布団のようにホコリが出ないため、ダニのえさが少なく、ダニが繁殖しにくい環境です。
シーツやかけ布団さえ注意すれば、ダニの心配はまずありません。

 

 

もちろん、ウレタンフォームにも湿気がたまったりしますが、モットンのマットレスで使っているウレタンフォームは独自の発砲構造で、高い通気性を実現しているので、湿気がマットレス内部にこもることを極力排除されてます。

 

ただ、そのため寝汗などはマットレスの底にいってしまうのでお手入れしないとマットレスの底がカビることもあるのでお手入れはしてくださいね。

 

ダニ対策はどうされてますか?

布団のダニ

 

布団やマットレスはダニの温床と言われてます。

 

綿、羊毛、羽毛布団は表面や内部にもダニがたくさん!
布団内部にはダニの死骸もいるのでアレルギーの原因になります。

 

 

今使っている布団やマットレスのダニ対策はどうされてますか?
定期的に布団やマットレスを天日干しにしたり、布団乾燥機を使ったり、布団専用の掃除機を小まめにかけたり。

 

私はどれも昔使っていたマットレスで実践しましたが、ダニは中々消えてくれませんでした。

 

 

ダニは放っておくとアレルギーの原因になるし、特に赤ちゃんや小さいお子さんにとっては小児喘息などの原因にもなるので(詳しくはモットンを赤ちゃんやお子さんが使う場合のメリットと注意事項!)。

 

 

ダニやノミは軽く見ないでくださいね。

 

 

ウレタンフォームのマットレス、またはエアウィーヴのように化学繊維素材のマットレスであればダニの心配はほとんどありません。

 

要するに寝具のダニ対策として絶対おススメなのは、綿、羊毛、羽毛じゃなくてウレタンなど化学繊維素材のマットレスにすることです!
中にはウレタンと羊毛を混ぜたマットレスもありますが、ダニ対策としては100%ウレタンのマットレスじゃないと意味ないのでご注意を!

 

 

モットンの一番の特徴は腰痛対策ですが、ダニ対策としてもかなり優秀です!

 

 

不明な点は聞いてくださいね!

もし、あなたが
「モットンについて色々質問する相手がいない」
「モットンかほかのマットレス(例えばマニフレックス)にしようか迷ってる」

など悩んでいるなら下記の問い合わせフォームから気兼ねなく質問してくださいね。

問い合わせフォーム


TOP 評判 販売店と価格 返品 使い方 運営者情報