高反発マットレスと低反発マットレス

高反発マットレスと低反発マットレスの4つの違いとは?

高反発マットレスと低反発マットレスの違いについてまずは下の表を見てください。

 

比較項目 高反発マットレス 低反発マットレス
フィット感
寝返り ×
体圧分散
通気性 ×

 

高反発マットレスと低反発マットレスを、快眠に必要な条件と腰痛対策として必要な条件に分類して比較しました。

 

テンピュール、トゥルースリーパー、アイリスオーヤマなどで有名な低反発マットレスは体へのフィット感が高く、体圧分散に優れているのが特徴です。
要するに寝心地の良さの追求ですね。

 

また、モットン、マニフレックス、ドルメオなどの寝返りが打ちやすく、通気性が高い高反発マットレスは寝起きの腰痛対策などの追求です。

 

それぞれの比較項目についてもう少し解説します。

体へのフィット感

体へのフィット感は快眠の大きな条件です。

 

低反発マットレスは体のラインに沿ってマットレスが包み込むような感覚で、体へのフィット感はかなり優れてます。

 

 

また、低反発マットレスは体重をマットレスが受け止めて体を沈めこませてくれるので安眠感は抜群です。

 

寝具コーナーなどに置いてある低反発マットレスで試しに寝転がってみると殆どの人は寝心地が良いと感じるのではないでしょうか?

 

 

高反発マットレスも低反発マットレスと同じウレタンを使っていることもあって、体のラインに沿ってマットレスを受け止めてくれるので他のマットレスと比べれば体のフィット感はかなり優れていますが、低反発マットレスと比べるとやや劣ります。

 

また、高反発マットレスはいったん体を沈み込ませますが、一定の場所でマットレスの反発力で体を押し上げる力が働きます。

 

 

 

寝返り

寝返りは腰痛と大きな関係があります。

 

寝返り回数が少ないと、内臓の重みを腰が受けて神経が圧迫されて特に寝起きの腰痛の原因になります。
これは内臓脂肪が多い人にはかなり顕著に出てきますよ。

 

内臓

 

 

また寝返りというのは睡眠中に体の筋肉を使うことで体の血行が停滞するのを防いでくれる役割があります。

 

睡眠中、血行が停滞すると寝起きに体のあちこちが固まっている感じになるし、腰痛だけじゃなく頭痛や肩こりの原因にもなります。

 

高反発マットレスの場合、マットレスの弾力性でちょっとの力で寝返りを打つことが出来るので、寝返りの打ちやすさで言えば断トツに優れているマットレスです。

 

 

一方、低反発マットレスの場合は体を沈み込んでしまうので寝返りを打つのに普通のマットレスよりもたくさんのパワーが必要になります。

 

寝返りに大きなパワーが必要になると、それだけ眠りも浅くなってしまうので注意が必要です。

 

 

また、低反発マットレスは体が沈むためお尻が大きい人は腰椎が曲がってしまう可能性が高いので、特に妊婦さんにはおススメできませんね。

 

低反発マットレス

 

体圧分散

体圧分散というのは睡眠中に体の一部分に圧力、つまり負荷がかかってしまうのではなく、体全体に負荷を分散されている状態をいいます。

 

色々なマットレスメーカーのサイトに掲載されてる感な画像です。

 

体圧分散

 

体圧分散が出来てないと、寝起きに負荷がかかった場所に痛みを感じます。
一般的に負荷がかかりやすい場所は、肩や腰といった部分です。

 

 

特に、硬い布団などの寝具の場合は体圧分散がよくないので寝起きに肩や腰に痛みを感じることがあります。

 

 

低反発マットレスの場合は、体全体を包み込むようにしてくれるので体圧分散は非常に優れています。

 

高反発マットレスも体圧分散は非常に高いと言えますが、あなたの体重にあった反発力のマットレスを選ばないと体圧分散が出来ないことになるので選び方には注意が必要です。

 

モットンで失敗しないための選び方では、モットンという高反発マットレスを例にどんな体重の人がどれくらいの反発力のマットレスを選べばよいのかを解説してますので参考にしてください。

 

通気性

通気性が高いマットレスはマットレスの耐久性も高いし、寝心地の良さにもつながります。

 

低反発マットレスと高反発マットレスを比較すると、低反発マットレスの方がマットレスの密度が高いので必然的に通気性が低くなります。

 

マットレスの密度が高いというのは耐久性も高くなりますが、マットレスが湿気を吸ってしまうとマットレスの寿命も早まります。

 

 

よく高反発マットレスと低反発マットレスを比較すると、高反発マットレスの方が耐久性が高いと言われてますが、これは高密度で高い通気性を持つ高反発マットレスが色々と出始めたからですね。

 

 

もちろん高反発マットレスでもお手入れは必要ですが、低反発マットレスの場合はもっと小まめにお手入れしないとマットレスのカビや寝汗を吸い込んだ臭いでひどいことになるので注意が必要です!!

 

向いてる人は?

以上が、高反発マットレスと低反発マットレスの特徴や違いです。

 

これを踏まえて、

 

どんな人に高反発マットレスが向いてるの?どんな人に低反発マットレスが向いてるの?について。

 

 

低反発マットレスが向いてる人

 

体重が50キロ以内で、あまり寝汗をかかず、マメに掃除などをする人。
体のラインがはっきりしていて、お尻があまり大きくない人。

 

性別で言えば必然的に女性が多くなってきますが、こんな方には低反発マットレスがおススメです。

 

高反発マットレスが向いてる人

 

体重が50キロ以上で、寝起きの腰痛に悩んでいる人。
年齢は30代以上であまり運動せず、寝返りも少ない体がなまっている人。

 

こんな人には高反発マットレスがおすすめです。

 

とはいっても、高反発マットレスであればだれでもどんなマットレスでもよいというわけではありません!

 

このサイトの失敗しない!腰痛に良いマットレスの3つの条件であなたに最適なマットレスを選ぶことをおススメします!

 

不明な点は聞いてくださいね!

もし、あなたが
「モットンについて色々質問する相手がいない」
「モットンかほかのマットレス(例えばマニフレックス)にしようか迷ってる」

など悩んでいるなら下記の問い合わせフォームから気兼ねなく質問してくださいね。

問い合わせフォーム


TOP 評判 販売店と価格 返品 使い方 運営者情報