モットンの使い方

モットンは水洗いできません

湿気の多い日本では、定期的に寝具を洗う習慣があります。

 

綿の敷布団はクリーニングで洗うことができますが、モットンはザブザブ水洗い出来ません。

 

ちょっと話は変わりますが、私は昔西川AIRの枕をしばらく使っていましたが、これもウレタンフォームのマットレスでクリーニングや洗濯はNGでした。

 

で、全くお手入れもせず使い続けたら汗をたっぷり吸いこんでしまってヒドイ匂いが…。

 

 

こうならないために、モットンを清潔に使い続けるお手入れ方法などをご紹介します!

 

 

モットンの素材は発泡性のウレタンフォームで、厚みが10センチもあります。

 

要するに、やや薄めのベッド用マットレスと同じ厚さです。

 

ベッド用マットレスのように中にコイルスプリングは入っていませんが、モットンも水洗いはできません。

 

 

綿の敷布団は、布団の中にほこりやダニの死がいがたまるので、定期的に洗わないと衛生上の問題がありますが、モットンは通気性がよく、ほこりも出ないし、ダニも寄せ付けません。

 

 

 

 

だから、湿気がこもらないようにきちんと管理していれば、洗う必要はないんです。

 

モットンを清潔使い続けるための管理の方法は、敷きっぱなしにしないこと。

 

朝おきたら、マットレスを壁に立てかけるなどして、マットレスの裏側に湿気がこもるのを防ぎましょう。
また、こまめに上下をひっくり返して使えば、汗や体重が同じ部分に集中するのを防ぐことができ、マットレスがより長持ちして清潔に使い続けることが出来ます!

 

 

モットンを汚したときのお手入れ方法

モットンの本体は洗えませんが、外カバーは外して洗うことができます。

 

もしカバーを汚してしまったら、本体から取り外し、カバーの表面がいたまないように裏返してから洗いましょう。型崩れしないように、洗濯ネットも使ってください。

 

また、モットン本体にまで汚れがしみていたら、水を浸した布で軽くたたくようにして汚れをとってください。

 

ウレタンフォームは、大量の水を吸うと耐久性が落ちる場合もあります。
モットンは軽いので、思わず洗いたくなる人もいるかもしれませんが、まちがってもじゃぶじゃぶと水洗いすることは避けましょう。

 

 

洗えるマットレスってあるの?

 

モットンに限らず、一般的にマットレスは洗えません。
お手入れの方法も、ほとんどのマットレスが同じです。

 

けれど、最近は洗えるマットレスも出てきました。
たとえば、浅田真央ちゃんのCMで話題になったエアウィーヴは、厚さ21センチのベッド用マットレスでも、洗える商品があります。

 

 

エアウィーヴは、マットレスよりもマットレスパッドのほうが注目を集めています。
マットレスパッドは敷布団やマットレスの上に敷くものですから、確かに洗えるとうれしいですよね。

 

洗えることはエアウィーヴの大きな「ウリ」なので、ベッド用マットレスにも洗える商品を展開したのでしょう。

 

でも、モットンはもともと洗う必要はないんです。
マットレスを選ぶときは、洗えるかどうかより、洗う必要があるかどうかを重視する方が、管理しやすく手間もかかりません。

 

 

不明な点は聞いてくださいね!

もし、あなたが
「モットンについて色々質問する相手がいない」
「モットンかほかのマットレス(例えばマニフレックス)にしようか迷ってる」

など悩んでいるなら下記の問い合わせフォームから気兼ねなく質問してくださいね。

問い合わせフォーム


TOP 評判 販売店と価格 返品 使い方 運営者情報