モットンとオクタスプリングのマットレス比較

モットンとオクタスプリング、どっちがあなたに合うマットレス?

今まで「腰痛対策のマットレスといえばモットン」というくらいダントツ人気でしたが、最近はやくみつるも大絶賛という広告効果もあってオクタスプリングもかなり人気があります。

 

オクタスプリング

 

オクタスプリングの特徴は、ハニカム構造と言う筒状のウレタンフォームのスプリングで構成される高い通気性のマットレスの構造。

 

 

オクタスプリングの知名度が急激に上がったのはここ最近だと思いますが、実際は世界的に有名なマットレスなのはご存知でしょうか?

 

元々、オクタスプリングドルメオというイタリアのマットレスメーカーのブランドで東京西川から売り出していたマットレスで、イタリアの高級ホテルの客室にも置かれているマットレスなんです。
ホテル

 

ただ、東京西川のオクタスプリングドルメオとしては日本ではあまり人気が出なかったんですね

 

そして昨年あたりから健康、美容商品の開発、製造、販売を行うヤーマン株式会社から販売することになった、そんな経緯のあるマットレスです。

 

つまり、やくみつるさんも大絶賛というオクタスプリングはヤーマンが販売しているマットレスです。

 

 

今回はこのオクタスプリングとモットンを比較し、どちらが腰痛対策として優れているのか、あなたにはどちらがいいのかというのを徹底検証します。

 

モットンについてはこのサイトでいろいろ紹介しているので下記を参考にしていただければと思います。

 

重要!マットレスの使い方で判断

マットレスの構造も大きな違いなんですが、私たちがモットンとオクタスプリングを比較しどちらを購入するのかを決める際に一番気を付ける点がマットレスのタイプです。

 

 

モットンとオクタスプリングの最大の違いはベッドマットレスタイプか、トッパーマットレスか。

 

シングル 19,800円 長さ195、幅97、厚さ5
セミダブル 24,800円 長さ193、幅120、厚さ7
ダブル 29,800円 長さ193、幅140、厚さ7

 

 

モットンは厚さ10cmの単体でフローリングや畳、ベッドフレームに敷いて使えるベッドマットレス。
一方、オクタスプリングは今使っているマットレスや敷き布団の上に重ねて使うのに適しています。

 

公式サイトでは直接フローリングに敷いても、畳に敷いても問題ないとされてますが、そもそもトッパーマットレスは単体で使うのには適さないほど薄いマットレスなので単体で使うのはおススメできません。

 

腰痛対策はどっちがいい?反発力と体圧分散の比較

では腰痛対策としてモットンとオクタスプリングどちらが良いのか、ということですがデータでは比較するのが結構難しいです。

 

 

その理由はオクタスプリングの数値化されたデータが少なすぎるから。

 

 

そのマットレスがあなたの腰痛に良いかどうかは、あなたの体重によって違ってきます。

 

体の重さを均等にマットレスが分散してくれるかを測る体圧分散も、しっかりと体を支えて寝返りが打ちやすい反発力も痩せてる人と太ってる人では違ってくるんですね。

 

 

オクタスプリングは低反発マットレスのような体へのフィット感と、高反発マットレスのような体のサポートを同時に実現しているハイブリッド反発といいますが、

 

ニュートンという反発力の数値が示されてない
適正体重が示されてない

 

という意味で正直言うと「実際に使ってみないとあなたに合うかどうか分かりません」としか言えません。

 

 

モットンは体重に応じて3種類の反発力(硬さ)を選べるので、どんな体重に人に合ってるかどうかというのが購入前に分かりやすいんですけどね。

 

オクタスプリングの評判から見ると女性やお年寄りからの評判が高いので、比較的体重が軽い人に向いていると思いますね。

 

マットレスの保証

モットンは90日間の返金保証があるのですが、オクタスプリングは未開封の状態に限り8日以内であれば返品交換が可能というもので、実質保証はないに等しいです。

 

ここがオクタスプリングの一番残念な部分です。。。

 

マットレス 返金保証 品質保証
モットン 90日間 ナシ
オクタスプリング ナシ 8日間

 

マニフレックスのような長期間の品質保証も、モットンや雲のやすらぎプレミアムのような体に合うかどうかを判断する一定期間の返金保証がないのはちょっと残念ですね。

 

 

折角ヤーマンという攻めの姿勢が強い企業が販売しているのだから返金保証などを付けるともっと気軽に試せると思います。

 

マットレスの返金保証の有無は、腰痛解消を含めてあなたの健康にどれだけ貢献できるのかを金選定なリスクを軽減して試せる制度なので、安心感という意味ではモットンの方が良いですね。

 

マットレスの耐久性

マットレスの重要性は良く朝起きた時に腰痛を残さない、疲れを十分取り除くことですが、耐久性も重要ですね。

 

マットレスは一度購入したら5年〜10年は使いたいものです。
物は良くてもマットレスの寿命が短いと長い目で見た場合のコスパが高くなりますからね。

 

もちろん、マットレスのローテーションやウレタンフォームのマットレスに欠かせない陰干しをするかどうかで変わってくるのでお手入れは定期的にしてください。

 

では、モットンとオクタスプリングを比較するうえで寿命の長さはどちらが長いのか?

 

 

トッパーマットレスのオクタスプリングを単体で直接フローリングや畳に敷いた場合は間違いなく2年でヘタリは出てくるでしょう。

 

マットレスの上に敷いて使う場合は土台となるマットレスの寿命に左右されますが、6万回の復元テストに合格していることから大切に使えば5年以上は使えると思います。

 

 

モットンの場合は厚みもしっかりあって、高密度の詰め物で8万回の復元テストに合格しているので10年は使えます。

オクタスプリングの評判は?良い口コミと悪い口コミ

オクタスプリングはかなり売れてるマットレスということもあってネット上での口コミも結構ありますよ。

 

今回はオクタスプリングの良い口コミと悪い口コミをまとめて見ました。

 

 

オクタスプリングの悪い口コミ

 

薄すぎて単体じゃ使えない。

 

想像より反発力がなくて体が沈んでしまって体に合わない。

 

フローリングに敷いて使っていたら底付き感がかなりある。

 

凹んだマットレスの上に敷いて使っていたら腰が痛くなった。

 

オクタスプリングの良い口コミ!

 

寝汗をよく書くほうなのでオクタスプリングの通気性の高さは嬉しい。

 

今まで使っていたマットレスの上に敷いてるけどかなり寝心地も良くて腰痛も解消された。。

 

保証がないというけど、この価格でこの品質であれば言うことなし!

 

 

オクタスプリングは良い口コミが多いんですが、正直悪い口コミの書き込みも結構見られます。

 

その理由のほとんどが、オクタスプリングを単体で使ってしまったから。

 

 

オクタスプリングはトッパーマットレスで厚さはないので、直接使ったら底付き感あるし腰を痛める可能性がありますよ。

 

これは公式サイトで「単体でも使えます」と言ってるのが良くない気がしますね。

 

 

また、トッパーとして使ったとしても既に寿命が来て凹んだマットレスの上に敷いても効果は発揮できません。。。

 

 

逆に、まだ凹みの無いマットレスのや布団の上に敷いて使ってる人の満足度はかなり高いですよ。

 

モットンとオクタスプリングの比較まとめ

以上、オクタスプリングとモットンの比較を踏まえ、オクタスプリングがおすすな人、モットンがおススメ人というのをまとめました。

 

オクタスプリングをおススメする人

比較的新しい(まだヘタリのない)マットレスを使っているけど寝心地が悪い、寝起きに腰が痛いという場合。

 

まだ寿命が来てないのにマットレスを買い替えるのはコスト的にもったいないので、比較的低価格なトッパータイプのオクタスプリングを検討するのがいいですね。

 

トッパーマットレスは色々ありますが、低価格で通気性の高さでいえばオクタスプリングはかなりおススメです。

 

 

ちなみに、オクタスプリングは通販のみで店頭販売はないのでご注意ください。

 

 

 

モットンをおススメする人

数年使っていてマットレスの中央がへこんできていて、マットレスを交換しようとしている人。

 

腰痛に良いマットレス単体で使いたい人にモットンを検討するのがおススメです。

 

要するに、

 

「最近マットレスを買ったんだけど体に合わない…」という場合はまた新しくモットンを購入するのはもったいないのでオクタスプリングを重ねて使うのがおススメです。

 

でも、「何年も使っていたマットレスが古くなって寿命が来たので、この機会に腰痛に良いマットレスに買い替えよう!」こんな人にはモットンがおススメです。

 

 


TOP 評判 販売店と価格 返品 使い方 運営者情報