布団やマットレスはダニの温床…

私は犬と室内で暮らしているんですが、散歩中にダニを持って帰ってくるのか、以前使っていたマットレスにダニが潜んでいて、寝ると肌がボツボツ赤くなって痒い…。

 

虫刺され

 

特に奥さんはダニの大好物だったらしくて肌がかなりひどいことになってました。。。

 

 

でも、ウレタンマットレスに替えてから今まで悩んでいたダニ刺されがなくなってます。
犬と一緒に寝ても全然平気です。

 

 

以前からウレタンマットレスにはダニを寄せ付けないというのを聞いていたんですが本当ですね!

 

敷き布団やマットレスをはじめダニ対策は色々ありますが、私の経験上ウレタン素材のマットレスを使うのが最もシンプルでした。

 

もちろんマットレスを買い替えたばかりだったら厳しいかもしれませんが、これから購入しようと思ってるならウレタン素材のマットレスはダニ対策としてかなりおススメです。

 

また、ウレタン素材のマットレスは体圧分散も優れているので寝心地もモチモチしていて気持ちがイイっていうメリットもあります。

ウレタンマットレスはなんでダニが付きにくいのか?

ダニ

 

では、なぜウレタン素材のマットレスではダニが付きにくいのか?

 

 

その理由はシンプルで、ウレタン素材は簡単に言うとスポンジと同じ部類の化学繊維で、ダニの餌になる人間のフケだったり垢が付かない性質を持ってるからです。

 

また、ウレタン素材のマットレスは綿の布団のようにホコリが出ないため、ダニの餌になるものが少なく、ダニが繁殖しにくい環境なんですよ。

 

これは、マットレスだけじゃなくソファなども同じです。

 

一方、綿や羊毛、羽毛は湿気や、私たちの垢、フケがたまりやすく、カビが繁殖しやすいなど、ダニの大好物がたくさんです。

 

また、ポケットコイルマットレス、ボンネルコイルマットレスの場合でも、詰め物に羊毛などを使っていたらダニが繁殖しやすくなります。

 

芯材にウレタンを使っていても羊毛、羽毛でコーティングされてる場合はそこにダニが住み着く可能性があるので100%ウレタンのマットレスがおすすめです。

 

ダニは布団乾燥機を使っても、天日干ししても中々消えてくれないやっかい極まりない・・・。

 

もちろん、ウレタンフォームのマットレスにも色々あって湿気がたまったりしやすいものもあるので、高い通気性の特殊加工をしたマットレスを選ぶのがおススメですよ。

 

また、いくら通気性が高いといっても万年床のように使っていると湿気がたまったり、底面にたまった湿気がカビる原因にもなるので、2週間に1度くらいは半日ほど立てかけて湿気を飛ばしたほうが無難です。

 

我が家で使っているウレタン素材のマットレス

我が家では腰痛対策を兼ねてモットンというウレタン素材のマットレスを使っています。

 

モットン

 

モットンに替えてからダニの影響を待ってく受けずに気持ちよく眠れてます。

 

 

 

モットンってどんなマットレス?
モットン
モットンは腰痛対策として有名なマットレスで、我が家でも腰痛対策や睡眠の質を上げられればということで試しました。

 

ダニ対策だけで言えばトゥルースリーパーでもマニフレックスなどのウレタンフォームのマットレスでも十分ですが、モットンには返金保証もあるしダニ対策にも腰痛対策にもなるということが理由です。

 

モットンがどんな人におススメのマットレスか?実際に使った私の感想などを解説してます。

 

ダニ対策はどうされてますか?

布団のダニ

布団やマットレスはダニの温床と言われてます。

 

綿、羊毛、羽毛布団は表面や内部にもダニがたくさん!

 

布団内部にはダニの死骸もいるのでアレルギーの原因になります。

 

 

今使っている布団やマットレスのダニ対策はどうされてますか?

 

定期的に布団やマットレスを天日干しにしたり、布団乾燥機を使ったり、布団専用の掃除機を小まめにかけたり。

 

私はどれも昔使っていたマットレスで実践しましたが、ダニは中々消えてくれませんでした。

 

 

ダニは放っておくとアレルギーの原因になるし、特に赤ちゃんや小さいお子さんにとっては小児喘息などの原因にもなるので(詳しくはモットンを赤ちゃんやお子さんが使う場合のメリットと注意事項!)。

 

防ダニ加工の羊毛、綿は?

防ダニ加工されてる羊毛、綿などの敷き布団はたくさんありますが、

 

  • 防ダニ用の薬剤がアレルギーの原因になる可能性もある
  • 使っている内に防ダニ効果は落ちる

 

っていうデメリットがあるので、どんな防ダニ加工がされてるのかをチェックする必要があります。

 

アレルギーが心配な人は気になる防ダニ加工された布団やマットレスがパッチテストがされてるのかをチェックして下さい。

 

 

掛け布団のダニ対策は不要?

もちろん掛け布団にもダニはいます。

 

とはいっても、ダニが住み着きやすいのは圧倒的にマットレスや敷き布団などの敷き寝具!

 

寝具のダニに悩んでいて掛け布団と敷き寝具のどっちを優先しようかと思ってたら迷わず敷き寝具を優先して下さい。

 

かなり違うと思うし、万全を期して掛け布団のダニ対策をしたい場合は丸洗いしてダニが死滅するといわれてる60℃以上の乾燥機、ご自宅に乾燥機がない場合はコインランドリーで。

 

我が家では掛け布団に関しては丸洗いして天日干しだけでOKでした。

 

とにかくダニ対策は間違えるとお金と労力の無駄遣いになります。

ダニがこないマットレスはウレタンが最強ですが…

ダニが来ないマットレスはウレタンマットレスが最強なのは間違いありません。

 

中にはウレタンと羊毛を混ぜたマットレスもありますが、ダニ対策としては100%ウレタンのマットレスじゃないと意味ないのでご注意を!

 

ただ、ウレタンマットレスにはデメリットもあります。

 

新品はウレタン特有の匂いがする

新品のウレタンマットレスはウレタン特有の匂いがします。

 

気にならない人もいるし、気になる人もいますが防臭炭などが使われてる配慮があるウレタンマットレスがいいですね。

 

私が使ってるモットンも昔は「初日は臭いが気になった」っていう感想の人もいましたが、いまは防臭炭が使われてます。

 

体へのフィット感が高いのでそのまま使うとちょっと暑い

シングルサイズで数千円の激安のマットレスでも、10万円以上する高級のマットレスでもウレタンマットレスは体へのフィット感が高いためそのまま使うと暑苦しさを感じます。

 

夏場はどんなマットレスでも暑苦しさは感じますが、そのまま使わずに敷きパッド、またはベッドパッドは用意すべきです!

 

楽天でもAmazonでも、ニトリでもドンキでも、夏だったらスーパーでも販売してるし決して高くないので必須です。

 

 

我が家で使っているモットンというマットレスの一番の特徴は腰痛対策ですが、ダニ対策としてもかなり優秀です。

 

モットンは人気のあるマットレスなので良い評判だけじゃないので口コミが気になる人は、

をご覧ください。