腰痛には硬い布団や高反発マットレスがよくて低反発マットレスはダメって聞いたけど…

特に朝イチの腰痛で悩んでる人には、「硬い布団を畳の上に敷いて寝るが一番」とか「高反発マットレスが腰痛にはいい」とか「低反発マットレスは腰痛に良くない」と聞いたことがあるかもしれませんが、本当でしょうか?

 

「硬い布団で寝るようになってから腰痛が楽になった」
「高反発マットレスで腰痛が改善された」
「低反発マットレスで腰痛になった」

 

という声はよく聞きますが、

 

「硬い布団で腰痛になった」、
「高反発マットレスを使ったら腰痛になった」という人もいます。

 

硬い布団や高反発マットレスが本当に腰痛に良いのか?低反発マットレスは本当に腰痛に良くないのか?

 

正しく理解すれば寝心地もよく、腰痛改善にも寝起きの疲れが取れるマットレスを選ぶことが出来ます!

 

硬い布団が腰痛にはいいという都市伝説!

硬い布団が腰痛に良いという話は聞いたことがあるかもしれませんが、これはいままで柔らかすぎるベッドマットレスで歪んだ寝姿勢で慣れてた人ですね。

 

硬い布団が腰痛に良いというのは、睡眠中に腰が沈み込んで体の歪みを防ぐのが理由です。
低反発マットレスの寝姿勢

 

腰が沈み込み過ぎないっていう意味では硬い布団が腰痛にいいというのはあってますが、

 

硬い布団だと肩周辺そして腰の部分に負荷が集中して、寝起きに体が動かないレベルで痛くなることも良くあります。
硬い布団の寝姿勢

 

また、硬い布団だと腰の部分が寝具にフィットしないで宙に浮いてる状態になるので、反り腰になって腰痛になることもかなりあります。

 

 

肩や腰に圧迫感があるので、寝心地も悪いし、睡眠中も同じ姿勢で寝られないので必要以上に寝返りを打つことになって中々疲れもとれません。

 

ということで、硬い布団が腰痛にいいっていうのは都市伝説。

高反発マットレスが腰痛にいいというのも乱暴

高反発ウレタン

 

高反発マットレスは強い反発力、弾力性のあるマットレスなので、硬い布団と同じように体に合わないと圧迫感を感じて腰が浮いてしまう可能性があります。

 

高反発マットレスが腰痛に良いという話もよく聞きますが、高反発と言ってもマットレスの弾力性(寝心地の硬さ)は色々あるんです。

 

 

正しくは、自分の体に合った反発力のある高反発マットレスを選ぶのが腰痛にいいという理解が必要です。

 

 

高反発マットレスと言っても思ったより柔らかくて体が沈んでしまう人もいれば、硬すぎて圧迫感があると感じてる人もいるので。

 

あと、マニフレックスなどの海外の高反発マットレスは頑丈で耐久性が高いことで有名ですが、側地が分厚くて硬いのでお尻のあたりが擦れることもあるので、少し注意が必要です。

低反発マットレスは腰痛に良いのか悪いのか?

やらかくて気持ちがいいのが特徴の低反発マットレスが腰痛に悪いという話はよく聞きますが、選び方や使い方を間違えなければ寝心地も腰痛も良くなります。

 

猫の寝心地

 

低反発マットレスは腰痛になりやすいといわれてる理由は?

 

低反発マットレスが腰痛に良くないといわれる理由は、体が沈み込みすぎて寝姿勢が悪くなるから。

 

これは硬い布団や硬すぎる高反発マットレスの逆パターンですね。

 

低反発マットレスは寝た時に肩や腰など体の一部の圧迫感がないのが良いけど、沈み込みすぎて腰に負担のかかる寝姿勢になる可能性があります。

 

 

もう一つが、体が沈み込みすぎて寝返りが打ちにくくなるから。

 

これも硬い布団の逆パターンです。

 

硬い布団の場合は肩や腰の圧迫感から逃れようと寝返り回数が増え過ぎて寝ても疲れが取れにくくなりますが、低反発マットレスの場合は寝返りの回数が少なすぎて睡眠中の血行が悪くなったり筋肉が固まりやすくなります。

 

 

でも、体が沈み込みすぎて寝姿勢が悪くなるのも、寝返りの回数が減るのも全て厚みがある低反発マットレスを使った場合の話です。

 

低反発マットレスを使う場合は厚さ3センチ程度の薄いベッドパッドのようなマットレスを選んで硬めの寝具の上に敷いて使うのがコツです。

 

低反発マットレスで腰痛が改善される使い方とは

「硬い布団やマットレスで寝心地があまりも悪い」「肩や腰に圧迫感がある」こんな場合に、薄い低反発マットレスを重ねて敷いて使うと体が沈み込みすぎず、体の圧迫感から来る腰痛からも解消されます。

 

 

厚さがある低反発マットレスだと先ほど言った通り、体が沈み込みすぎて寝姿勢が歪んだり、寝返りの回数が減ってあさイチの腰痛になりやすいですが、

 

もし今使っている布団やマットレスが硬すぎる場合は、厚さ5〜3センチ程度の低反発マットレスを上に敷いて使うと腰痛が楽になる可能性が高いですよ。

 

薄い分、価格も安いので。

そもそも高反発マットレスと低反発マットレスの違いってナニ?

高反発と低反発の違い

 

高反発マットレスと低反発マットレスの厳密な定義はありません。

 

マットレスのメーカーがどう定義するかだけですが、消費者庁の高反発・低反発ウレタンマットレスの定義で言えば以下の通りになります。

 

110ニュートン以上の硬さ 高反発
75ニュートン 普通
75ニュートン以下 低反発

 

ウレタンマットレスの低反発性、高反発性の目安になるニュートンの値というのは、マットレスの反発力(硬さ)を示す数値で、日本工業規格の測定方法によると40%圧力を加えた後30秒後の押し返す力で計測してます。

 

……はい、分かりにくいですよね。

 

なので、ニュートンとは、高反発や低反発におけるウレタンマットレスの硬さの基準値と覚えておけばOKです。

 

といっても、マットレスによって加工の技術が色々違うのと、日本工業規格の測定方法も変わりやすいこともあって、例えばA社の140ニュートンのマットレスとB社の140ニュートンのマットレスでも寝心地の硬さにかなり違いを感じることは結構あります。

 

その為「このニュートン値だから低反発マットレスまたは高反発マットレス」ということも現実的じゃありません。

 

結果として、各メーカーが体が沈み込んで気持ちがイイのがコンセプトであれば低反発マットレス、マットレスの反発力で寝返りが打ちやすいのがコンセプトであれば高反発マットレスになるわけです。

 

 

ウレタンマットレスの柔らかさ・硬さの目安になるニュートンが同じでも、マットレスメーカーによってそれぞれちがうので、自分の体重・体型がどのニュートンに合ってるのかは、寝具店で聞くか、電話で問い合わせるか、マットレスメーカーの公式HPでチェックするのが必要です。

 

ちなみに私が知る限り、公式HPでマットレスを使う人の体型とマットレスの硬さが選べるのは西川エアーとモットンだけです。

で、結局腰痛にいいのはどんなマットレス?

結論として、布団もマットレスも腰痛にいいものは

 

寝る人の体格に合わせて圧迫感を感じない体圧分散と適切な寝姿勢が取れるマットレスです。

 

腰痛が楽になるのに、シーリーやシモンズなどの高級マットレスを選ぶ必要はありません。
極論すれば、安くても自分の体に合いさえすればそれが最高の快眠生活が送れるんですがギャンブル要素が大きいのはご了承ください。

 

確実に寝る人のい体型に合ったマットレスを選ぶなら一番はFITLABOにようなオーダーメイドマットレス。(シングルで150,000円〜)

 

次は私が使っている高反発マットレスのモットンのように、実際の試験でどんな体重の人がどんな硬さのマットレスが合うのかを計測した結果、体重別に3種類の硬さを選べるようになってるマットレス。

 

 

そして実際に寝てみて

 

  • 体が沈み込み過ぎないか
  • 体とマットレスのフィット感はどうか
  • 寝返りは打ちやすいか

 

ここをポイントとして判断するのがベストです。

 

寝具店で試し寝する場合は寝起きがどうかはチェックできないのが少し残念ですが、モットンのように返金保証があるマットレスは

 

「1,2週間マットレスを使ってみて寝起きはどうか」

 

というのもかなり重要なポイントですね。

 

 

寝具店で試し寝したけど実際使ってみたら硬すぎた、返金保証がないマットレスをネットで買ったけど硬すぎたという場合は薄い低反発マットレスを上に敷くのが腰痛が楽になるコツです。